高血圧を下げる方法と実力サプリランキング

高血圧を下げるには?

 

高血圧にサプリが効くの?

 

サプリは血圧を下げるためのサポートアイテムであって、その根本を解決してくれるものではないということを理解しておきましょう。食事療法や運動療法、禁煙や節酒など、自力的な改善に取り組んでいる方が飲んでこそ、サプリは効果をもたらしてくれます。

 

具体的には、自分が不足していると感じている栄養素の摂取するために飲むと良いでしょう。オススメはマルチビタミンです。ビタミンCには水溶性のものがありますが、それだと体内に貯蓄することは難しく、身体がそのとき必要としている分しか吸収することはできません。余った分はすべて排出されてしまうのです。そのため、一日を通して適度に摂取することが難しいです。そこをサプリによって補えると良いのではないでしょうか。参考:高血圧サプリ

 

また、サプリは確かに便利ですが、その一方で摂取量に気を付けるべき場合があります。例えば、腎臓病の方がカリウムを摂取し過ぎることは悪影響を及ぼします。マルチミネラルのサプリにはカリウムが含まれているため、腎臓病の方はその摂取量に気を付け、必ず担当医の方に相談するようにしましょう。

 

ただ単に、多く飲めば良いとものではないということです。また、食事療法が血圧を下げる基本的な方法になりますが、サプリで補えるからと言って、メニューを適当に考えることをやめるようにしましょう。

 

サプリには、通常の食材ではあり得ないような、偏った栄養が含まれています。それに頼るということはつまり、摂取する栄養が偏ってしまうということで、体調異常の引き金にもなりかねません。基本は食事で栄養を整え、どうしても不足している分だけをサプリで補うようにしましょう。

 

高血圧対策にデトックスも効果的!

 

デトックス。いわゆる、体内に蓄積された毒を排出することを指す言葉で、近年の健康ブームでも取り上げられました。ここでは、デトックスと血圧の関係について紹介していきます。

 

デトックスとは具体的に、体内に溜まった有害な物質などを排出することを言います。これを行うことで血流が促進され、血圧が上がりにくくなります。また、自律神経が正常化されるため、ストレスが溜まりにくい体質になり、高血圧の予防にも繋がります。

 

高血圧を治す際に行う食事療法では多くの場合、栄養を取りこむことにばかり意識を向けますが、実のところ、体内に溜まった毒がせっかく摂取した栄養の吸収を阻害してしまうため、効果が薄れているそうです。

 

しかし裏を返せば、それまで血圧が改善されなかった人も、デトックスを行い体内から有害物質を追い出すことができれば、栄養素の吸収が促進され、血圧の改善に繋がるかもしれないということです。是非、デトックスの実践を検討してみてください。

 

ちなみに、デトックスの最も簡単な方法は、汗をかくことです。運動でも汗をかくことは可能ですが、半身浴でも大量の汗をかくことができ、効果が期待できます。また、新陳代謝を上げるために一日2リットルの水を飲むと良いです。そうすると体内の水分が循環される、つまりデトックス効果が得られるということです。

 

デトックスを実践していくことは血圧の予防にもつながります。いまは健康な人も、一度挑戦してみてはどうでしょうか。また、一日や二日で効果が得られるということはありませんが、半身浴や水の2リットル摂取など、連続して続けやすいものが多いです。禁煙などが上手く行かなった方でも、これならばきっと続けることができるのではないでしょうか。

 

HbA1cの数値が高いと脳卒中や心疾患を発症しやすくなる?

 

HbA1cの数値が基準値よりも高くなってしまっている場合、心血管疾患になってしまう危険性が高くなってしまうということが、ある調査で判明されました。この心血管疾患というのは、脳出血や虚血性心疾患なども含まれており、これらの病気はHbA1cが基準値内だとしても発症してしまうことがあります。

 

1990年からこの調査が行われており、調査が行われたのは、延べ3万人程度に及びます。また、調査はとても大規模になっており、国立循環器病研究センターや国立がん研究センター、保健所などと協力をして行われています。

 

調査としては、長崎や高知、新潟、沖縄、岩手、長野、茨城、秋田などで行われており、調査対象になった人たちのHbA1cの数値も把握した状態です。最初に調査が行われた時には、心血管疾患の発症は確認されていませんでした。

 

なお、このHbA1cというのは、約2ヶ月間の平均的な血糖値を調べるための検査方法になってリ、数値が6.5%を超えている場合、糖尿病や糖尿病を発症しているおそれがあると診断されることになります。また、数値が基準値を超えているということは、長期的に血糖値が高くなってしまっているということも分かります。

 

これまでの研究で、糖尿病を発症している場合、基準値内の人と比べると、脳梗塞や心筋梗塞などの発症リスクは2倍以上高くなっていることが分かっています。

 

こちらもオススメヘモグロビンa1cを下げる方法とおすすめサプリメント