アトピー性皮膚炎の基礎知識

アトピー性皮膚炎の基礎知識

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーによって皮膚が痒くなるなどの症状が出る、湿疹性の皮膚の病気のことです。このアトピー性皮膚炎は、主に乳児や小児などが発症する病気で、遺伝性の病気だということが研究で分かりました。

 

そのため、母親がアトピー性皮膚炎を持っている場合、その子どもに遺伝する可能性が高い病気です。また、アトピー性皮膚炎は、皮膚を外部の刺激から守ってくれる機能が衰えている状態のことで、これも遺伝性のものだということが分かっています。

 

皮膚を外部の刺激から守ってくれる機能が衰えているということは、皮膚が乾燥しやすい、皮膚が感染症を引き起こしやすい、鮫肌になりやすいという状態になってしまうということです。

 

そのアトピー性皮膚炎を免疫学の観点で見てみると、ダニやほこり、食べ物、微生物に対する抗体であるIgE抗体が多く作られ過ぎているという特徴を持っています。

 

また、アトピー性皮膚炎とは、いろいろな原因で引き起こされる皮膚炎で、症状に個人差があるため、その人によって治療方法が異なります。

 

ダニやほこりに対しては生活環境を整える、皮膚を刺激してしまうような服を着ない、紫外線による発汗をしないような服を着る、入浴をしたり、石けんで体を洗ったりして体を清潔に保つ、皮膚を外部の刺激から守ってくれる機能を保湿剤を使ってカバーずるなどの対策をすることがもとめられるでしょう。